生成AIプロンプトの基本:望みの回答を得るためのコツ

生成AIプロンプトを書くための基本ルール

人間と会話するように、質問や依頼できるのが、生成AIの魅力だ。

チャットへの入力は、かなり適当でも大丈夫。多少の誤字脱字だって、まったく問題ない。
こちらからの依頼を臨機応変に読み取り、「そんなことまで教えてくれるの!?」という答えを返してくれる。

しかし、期待していた答えを返してくれない場合がある。

期待通りの答えを得るには、依頼の仕方、書き方にコツがあるのだ。

この記事では、ChatGPT Google Gemini など、生成AIから期待通りの回答を得るためのコツ = プロンプトの基本を紹介する。

また、「鉄板テンプレート」のプロンプトの書き方についても取り上げる。

マークダウン記法

生成AIに指示を与える命令文を、プロンプトという。

「〇〇について教えて」

こんな簡単な依頼なら、そのまま生成AIに依頼すればよい。

しかし、

「こういう場合を想定して」
「Aの時はB、Cの時はDで」
「結果を〇〇形式で出力して」

といった、複数の条件や注文を生成AIに与えたいときは、長文をダラダラ書くより、構造的にプロンプトを記述した方がよい。
その方が、書く方も、受け取る生成AIも、理解しやすいからだ。

そして、プロンプトを構造的に書くための記法が、マークダウン(Markdown)記法である。

マークダウン記法とは、ウェブ上で文章を書くための、軽量マークアップ言語のこと。

HTMLよりも簡単で、文章を構造化して見た目を整えることができるため、ブログや掲示板などで広く使われている。

マークダウン記法のうち、生成AI用のプロンプトでは、主に

  • 見出し
  • リスト
  • 強調

を用いる。

見出し

プロンプトに見出しを付けることで、そこに何を書いているのかを明確にする。

プロンプトでは、「#」を先頭に付けると、その行は見出し行となる。

「#」大見出し
「##」中見出し
「###」小見出し

と、「#」の数を増やすことで、見出しの階層を深くできる。

リスト

箇条書きのことである。

複数の条件や注文を書きたい場合、箇条書き、すなわち「リスト」にすることで、一つのブロック内で、複数の条件や注文を列挙する。

このブログで紹介しているプロンプトでは、「-」(ハイフン)を、箇条書きの行頭文字として使用している。

行頭文字には、数字を使ってもよい。

強調

人間でもそうだが、大事な箇所を「強調表示」することで、生成AIに重要なポイントであることを伝える。

プロンプトでは、「*」「 "」を使用し、強調したい文を囲むことで強調する。

鉄板のテンプレート

筆者が試行錯誤した結果、たどり着いた生成AI向けプロンプトの、鉄板テンプレートの記法である。

生成AIに何かを依頼するプロンプトは、マークダウン記法による「見出し」を付け、その下に、「依頼」「役割」「形式」「ルール」のブロック毎に記述すると、効果的なようである。

生成AIプロンプトの鉄波テンプレート

#依頼

#役割

#形式

#ルール

#依頼

生成AIに対し、これから何を依頼するのか、依頼の概要を最初に伝える。

人間相手でいえば、

「君に〇〇を頼みたい。詳しい依頼内容は、これから説明する」

といった具合だ。

最初から細かいことを伝えるよりも、全体像を示した方が、その後の指示が伝わりやすい。
(余談だが、このように概論から伝えて相手の脳に理解するための地図を作る行為を、「マインドマップを作る」と言ったりする)

#役割

生成AIの役割、すなわち、どの分野の専門家なのかどのような立場なのか を指定する。

生成AIそのものが専門家に匹敵する存在であるが、どの分野の専門家なのか、あるいは立場なのか、役割を明確にすることで、専門性を発揮しやすくする

役割とは、たとえば

「経営コンサルタント」
「ウェブデザイナー」
「〇〇のプログラマー」

など。

すると、役割生成AIが「その道のプロ」のように思考し、発言するようになる

したがって、この役割の指定は重要

#形式

生成AIが出力する回答の、出力形式を指定する。

たとえば、回答をExcelに貼り付けられる表形式で得たいなら、

CSV」や「表形式」と指定する。

このブログのプロンプトサンプルにおいては、表の列も、この「形式」の中で定義している。

#ルール

各種条件や、所謂「注意事項」は、この「ルール」内に記述する。

条件は複数あるものなので、リスト(箇条書き)形式で列挙する。

ルールの具体的な書き方については、個々のプロンプトの目的によって異なるため、それぞれのブログ記事を参照してほしい。

まとめ

生成AIに期待通りの回答をさせるための、命令文=プロンプトの基本ルールについて紹介した。

当ブログでは、「AI」カテゴリにて、プロンプトの様々なサンプルを公開している。

各サンプルは、マークダウン記法に基づいた、上記の鉄板テンプレートをベースに記述している。

当ブログのプロンプトサンプルを是非活用し、生産性向上の一助にしていただければ幸いである。

生成AIの記事の一覧

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です